オルリガルの副作用と服用後の注意

ダイエットをしたいと思い、食事制限をしたり、運動をしたり、苦労している人も多いことでしょう。ダイエット自体にストレスを感じるようになると苦痛になってしまうのですが、やり方によっては苦痛を伴わないものもあるのです。今、服用するだけで痩せることができると評判なのが、やせ薬であるダイエットピルです。これは、医師の処方によって服用できるものであり、少しずつ日本の社会でも浸透しつつあります。
ダイエットピルには、脂肪分の吸収を阻害するものと食欲を抑制するものなどがあります。そのうち、脂肪分を体外に排出してくれる成分を含む薬にゼニカルという先発医薬品があります。こちらは、オーリスタットという成分を含んでおり、その成分が脂肪を分解する酵素であるリパーゼの働きを妨げるのです。そのために腸での脂肪分の吸収を3割ほど防ぎ、便と共に体外に油分を出してくれるのです。その効果は絶大であり、油分が出るのを見ることさえもできるのです。
ゼニカルの後発品としてオルリガルという医薬品もあります。こちらは成分は同じであり、効果も同様に期待できる上に価格が安いので、人気があります。しかし、ゼニカル同様に、気を付けるべき点があります。
オルリガルを服用すると、脂肪が排出されますが、同時に脂溶性ビタミンも排出されてしまい、不足がちになります。そのために肌荒れなどを起こしてしまうこともあるのです。ですから、オルリガルを服用する際には、野菜や果物を多めにとったり、マルチビタミンを一緒に服用するようにしたほうがいいでしょう。
また、油分がかなり出るようになるので、下着を汚してしまうことがあります。ナプキンをするなどの工夫も必要になるでしょう。