オルリガルの効果と働き

“オルリガルの主成分は、オーリスタット(オルリスタット)と呼ばれる物質で、腸で脂肪を分解する酵素(リパーゼ)の働きをなくする事により、脂肪を腸が分解できなくなり、余分な油を体外へ排出し、体に負担をかけずに、ダイエットが出来る薬です。
その時、吸収されなかった脂肪は便として肛門から排出されます。
オルリガルは、ロッシュ社から発売されたゼニカルのジェネリック商品ですが、効果には、差はありません。
脂肪をたくさん摂取すると、脂肪が腸から流れ出し、便意をコントロールできなくなるという欠点があります。
アメリカ合衆国で治験を行ったところ1年間で、60%の人に5%の体重減少が見られ、プラセボ(偽薬でも本物の薬と思わせることで、本物の薬の効果とおなじを表す薬)では、31%の人に効果がありましたし、10%体重減少が見られた人は27%(プラセボでは11%です)ですので、明らかな体重減少の効果が表れています。
オルリガルは、余分な油を体外へ排出でき、体に負担をかけずに無害なダイエットをする事が出来る薬です。
効果は食欲を抑えたりするものではなく、中枢神経系に作用をしない肥満治療薬であり、現在日本で治験中または、製造承認待ちの薬です。
現在は、医師の処方または、個人輸入で手に入れる事が出来ます。
ただ、注意するべき点は、脂肪を吸収しないために、脂溶性ビタミンであるビタミンA、D,E、K,βーカロテンの吸収も阻害されるので、
オルリガルを服用した場合は、これらのビタミンの摂取量を増やす必要があります。
特にβカロテンとビタミンEは、オルリガル服用中は、大きく血液濃度が下がるので、必ず脂溶性ビタミン補助剤を飲む必要があります。”